事業内容

1. 阿弥陀寺における墳墓維持と祭典

阿弥陀寺には、戊辰戦争で戦死した3千余柱の会津藩士を合葬した墳墓が築かれています。
本堂の拝霊殿には多くの会津殉難者の霊を集めて祀っています。こうした戦死者墳墓や拝霊殿等を維持するとともに、毎年4月23日と9月23日の春秋2回、戊辰殉難者慰霊の祭典を行っています。鶴ヶ城から移築した「御三階」や幕末新撰組で活躍した斉藤一の墓があるのも阿弥陀寺です。

阿弥陀寺へのアクセス
福島県会津若松市七日町4-20
TEL 0242-27-7445

祭典のご案内
4月23日 11:00から
9月23日 11:00から

2. 長命寺における墳墓維持と祭典

長命寺祭典

長命寺祭典

長命寺は、戊辰戦争で佐川官兵衛を総督にした大激戦があった場所です。
最近まで土塀に撃ち込まれた生々しい弾痕も残されていました。
「戦死墓」とした墳墓には殉難者145柱を合葬しています。
こうした戦死者墳墓を維持するとともに、地元の方々のご協力を得て毎年4月23日と9月23日の春秋2回、戊辰殉難者慰霊の祭典を行っています。

長命寺へのアクセス
福島県会津若松市日新町5-51
TEL 0242-27-7003

祭典のご案内
4月23日 10:00から
9月23日 10:00から

3. 飯盛山における墳墓維持と祭典

白虎隊十九士墓

白虎隊十九士墓

飯盛山には、会津鶴ヶ城を望んで自刃した白虎隊十九士と、各地で戦死した31人の白虎隊士のほか、同時期に戦死した62人にものぼる少年武士らが祀られています。
霊域にはイタリア・ローマ市寄贈の石柱碑など数多くの記念碑も寄せられています。
こうした白虎隊戦死者墳墓や建造物の維持、史跡にふさわしい霊域の整備保存を行うとともに、全国から多くの参列者を得て毎年4月24日と9月24日の春秋2回、白虎隊墓前祭を行っています。
剣舞奉納

剣舞奉納

この墓前祭での剣舞奉納は、明治17年白虎隊士17回忌の時、鎮魂と鼓舞のため私黌(しこう)日新館生徒によって初奉納されて以来、今日まで旧制会津中学・県立会津高等学校へと継承されています。

飯盛山へのアクセス
福島県会津若松市一箕町大字
八幡弁天下

祭典のご案内
4月24日 10:30から
9月24日 10:30から

4. 全国に眠る会津藩士たちの慰霊

京都・黒谷金戒光明寺

京都・黒谷金戒光明寺

会津藩は、京都の禁門の変や鳥羽・伏見の戦いをはじめ、各地の激戦で多くの戦死者を出しました。
京都府京都市黒谷金戒光明寺(くろだにこんかいこうみょうじ)や福島県白河市での戊辰殉難者祭典に参与し、また会津内外各地で行われる戊辰殉難者慰霊祭、顕彰会にも積極的に協力しています。

5. 大切な歴史的精神遺産の継承

飯盛山から鶴ケ城を望む

飯盛山から鶴ケ城を望む

忘れてならないのは、戊辰戦争で貫かれた「ならぬことはならぬ」に象徴される会津武士道の精神や、勇気をもって最後まですじみちを通すという「義」の心です。
会津弔霊義会は、戦死者の追悼を永続的に行うとともに、旧会津藩士の果たした歴史的役割および精神的遺産を顕彰し、後世に伝えていきます。